ペット保険

私達が病気になって病院へかかると、健康保険に加入していれば医療費は3割負担で済みますが、犬や猫などペットが動物病院にかかると、私達のように健康保険制度がないため、自費扱いとなり高額な医療費を支払わなくてはなりません。
もしかしたら、医療費が高額で負担が大きいとの理由から、病院に連れていけない方もいらっしゃるのではないかと思います。
これでは、ペットがかわいそうです。病気を放置した結果、大きな病気にかかり、取り返しのつかない状態になるのを避けるためにも、医療費の保証をしてくれるペット保険を知っておきましょう。
ペット保険に入るには、まず加入審査を受けなくてはいけません。
動物病院で診断書を書いてもらうケースもあれば、自己申告でいいところもあります。
ペット保険に加入すると、治療費や入院費など、医療費の保障が受けられます。
保険会社によっては、割引制度を適用しているところもあるので、よく調べてみると良いでしょう。ただし、避妊・去勢手術など適用されないものもあります。
うちの犬や猫は大丈夫と思っていても、いつどんな事故が起こるかわかりません。万が一、愛犬が他人を怪我させてしまった場合などの、賠償金も保証されます。
さらに、ペットとのお別れをした場合の死亡時給付金などが保障されます。
他にも、保険会社によって無料相談やペットホテルの紹介など、あらゆるサービスを提供しているところがあります。
加入条件や加入できるペットの種類など、保険会社で定めている規定はさまざまです。いろいろな保険会社の資料を請求して、しっかりと検討してから加入することをおすすめします。
保障を受けずに元気でいられるのが理想ですが、何かあった時に悩まなくてもいいように、お守り代わりに加入しておくと安心できると思います。