犬の避妊手術費用

犬の避妊手術はどのようにおこなわれるのでしょうか?
病院によってやり方は違うでしょうが、雄犬と違い、雌犬は開腹手術をしなければなりません。全身麻酔で行われるため、入院が必要になります。術前・術後のケアをしっかりしてくれる病院を選びたいですね。
また、費用は約2〜8万円かかるようです。金額に差があるのは、病院によってももちろん違いますし、犬の大きさによっても違ってくるからです。
この手術代には、麻酔料・血液検査・入院費用・薬代・手術料が含まれていることが多いようです。しかし、手術代だけの低料金で安心させ、後でその他の料金を請求する病院もあるようです。トラブルを防ぐためにも、信頼のおける病院を選び、納得のいくまで説明を受けるようにしましょう。
しかし、いくら愛犬の病気予防や繁殖予防のためとはいえ、手術代の負担は大きいですよね。
現在では、人間と同じようにペットのための保険があります。保険会社によっては、犬の避妊手術に対して、割引制度を適用してくれる保険もあります。
また、区市町村からは補助金が出るところもあるようです。「申請する区市町村に住居があること」「狂犬病の予防接種 並びに登録が済んでいること」などが条件になっていることがほとんどです。
申請方法は手術前に申請するところ、手術後でも決められた期間内に申請すれば良いところなど、色々あります。
金額も区市町村によってまちまちなので、各自治体に問い合わせてみてください。