猫の病気

猫の病気の主なものとしては、猫ウィルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症、猫伝染性腹膜炎、猫カリシウィルス感染症、猫免疫不全ウィルス感染症、猫白血病ウィルス感染症、トキソプラズマ症、クラミジア感染症など、自分の飼っている猫が病気にでもならない限り、聞いたことがないような病名が数多くありますが、人間と同じような外耳炎、口内炎、歯周病、糖尿病などもあります。
どのような病気も予防が大切であることは言うまでもないことですね。普段の生活の中でも猫の病気を予防する手段はたくさんあります。例えば蚤対策ですね。蚤は皮膚炎の原因になるだけではなく、条虫などの卵を持っていることが多いため、蚤防止薬や蚤防止首輪などで予防することを検討してもいいでしょう。また、ワクチンで予防できる猫の病気も多いため、年に1度はワクチンの接種を行うことも大切です。
どんなに予防を心がけていても、飼い猫が病気にかかってしまうことはあります。素人判断で対処しては手遅れになることもありますから、病院に連れて行くことになるわけですが、この病院の選び方が重要。評判のいい病院を選ぶのはもちろんのこと、緊急の場合でも診察してくれて十分な説明やアドバイスをしてくれる病院を探すことが肝心です。普段から担当の獣医師と信頼関係を築いていることが望ましいですね。
猫の病気は初期には気がつかないことがよくあります。よほど重症にならないと病気の症状を見逃してしまうことも多いと思いますが、これを防ぐための唯一の手段は普段からの細かな観察です。元気なときの飼い猫の仕草や食欲、運動量、あるいは尿や便の様子を知っておけば、普段と違う兆候にすぐ気がつくはずです。病気の早期発見、早期治療が病気の治癒に有効であるのは人間に限ったことではありませんので、病気のサインを見落とすことがないようにしたいものですね。