犬のアレルギー

犬も人間も、昔は少なかったけど今は多くなってきたものの一つに皮膚病があります。犬のアレルギーについて見てみましょう。
あなたの犬は最近、抜け毛が増えたりしていませんか?
フケがよく出たり、体をひどく痒がったり、体臭がきつくなったりしていませんか?
ただ、上記にあてはまるからといって、かならずしもアレルギーとは限りません。
犬の様子をよく観察してみてください。そしてその際、どこの部分を痒がってどんな行動をとっていたかを病院で説明できるようにしておきましょう。
犬の様子をしばらく見て、痒みが強くなってきているようなら、病院へ行きましょう。病院では、寄生虫検査や感染症などの検査を行ってくれます。
これらに当てはまらなかった場合がアレルギーと診断されるようです。犬のアレルギー治療にも、人間の世界と同じくステロイド剤が使用されることがほとんどです。
しかし、最近はステロイド剤を多用に使用すると、免疫力が低下するので、感染症などの病気にかかりやすくなると考えられているため、ステロイド剤の危険性に着眼するお医者様もいらっしゃるようです。
ステロイド剤を使用しないで、食事療法やシャンプー・サプリメントなどの体質改善により、アレルギーを治す病院も最近では増えています。
とはいえ、アレルギーの治療には長い期間かかることがほとんどです。飼い主であるあなたも、室内の気温や湿度を一定に保ち、皮膚が乾燥しないように注意するなど、生活環境を管理しましょう。