ペットを飼う前に

ペットを飼おうと思ったきっかけは人それぞれでしょう。
「毎日の生活に癒しをとりいれたい」「子供の情操教育に役立ちそう」「猫より犬が好き」などなど・・・
しかし、ペットを飼う前にもう一度、本当にペットが飼える環境にあるかどうかを家族で確認してください。
まず始めに、家族に動物アレルギーの方はいませんか?
犬や猫を飼っているお友達の家やペットショップに行ったときに、咳が出たり身体が痒くなったりした事はないでしょうか。
もしあてはまるならば、動物アレルギーを疑わなくてはなりません。
一度、病院へ行き検査を受けたほうが良いでしょう。動物アレルギーと診断された場合はすぐにペットを飼うのはやめて、しばらく治療に専念したほうが望ましいのは当然です。
第二に、ペットを飼うスペースはありますか?飼い主の目が行き届く場所に、ペットのお城を作ってあげられますか?
ようやくペットが飼えても、ゲージを置くスペースもないようでは、ペットも安らぐ場所がありませんね。
第三に、最期のお別れまで責任を持ってお世話ができますか?
例えば犬は十数年生きると言われています。勢いにまかせて飼ったものの、十年後は世話ができなくて・・・ではペットがかわいそうです。
第四に、費用はいくらかかるか知っていますか?
もちろん、ペットを購入する費用は言うまでもありませんが、その他に、飼育するための用具・ワクチンや病気 怪我などの病院代・食費などがかかります。
毛の長い犬や室内犬は美容院代もかかります。ペットサロンは私達の美容院代より高かったりしてビックリします。
私達は好きなペットを選択できますが、ペットは飼い主を選ぶことはできません。決して安易に飼うことなく、十分に家族で話し合ってください。