パピーウォーカー

ボランティアには身近なことから国際的なことまで、いろいろな活動があります。障害を持っている方の手助けは出来ないかと考えていらっしゃる方、パピーウォーカーをご存知でしょうか?
パピーウォーカーとは、将来盲導犬になるための犬を生後2ヶ月から1歳になるまでの10ヶ月間、家族の一員として自分の家で育てる活動です。
パピーウォーカーになるには、さまざまな条件があります。
●室内で飼えること
盲導犬は使用者となる視覚障害者の方と四六時中生活することになります。当然、家の中で生活することが多くなるため、外で飼いたい方には無理な話となります。
●家を空ける事が少ない
子犬は、将来優秀な盲導犬になる犬です。ちゃんとしたしつけ、しかも盲導犬協会の希望するしつけの方法をする必要があります。日中、家にいて子犬の世話をできる方がいなくてはいけません。
●しつけは家族全員で
誰の命令も聞けるように、しつけの方法は終始統一されていなくてはなりません。家族全員の協力が必要です。
●訓練センターで行われるしつけ教室に参加できること
月に1度か2度行われるしつけ教室にいき、どれぐらいしつけがなされているかなど、子犬の状況などを確認しなくてはなりません。
他にも協会によって細かい条件がありますが、主にこれらの条件をクリアできる方が対象になります。
しかし、先にも述べたように、預かるのは1歳までです。手塩にかけて育てた犬とお別れしなくてはならないことを忘れないでください。
別れは悲しいけど、自分達が育てた犬が、障害者の方の生活の手助けをできることは素晴らしいことだと思います。
育て上げた子犬が、優秀な盲導犬になって活躍し 引退した後、また引き取ることも可能なようです。
もしもパピーウォーカーというボランティアに興味を持ったなら、盲導犬協会に問い合わせて詳しい説明を受けてください。

ペットのしつけ教室

ペットのしつけ教室というものがあります。
初めてペットを飼う場合、しつけをどのようにしたらよいか分からないことも多いと思います。ペットと飼い主の主従関係ができていないと、例えば犬の場合、ところかまわずおしっこをしてしまうとか、よく吠えるとか、噛み癖がついてしまうといったことがあります。こうしたことを改善したり予防するためにペットが小さいうちからしつけ教室に参加することで、飼い主自身も今後のペットとの共同生活が楽しく有意義になります。
ペットのしつけ教室への参加は、ペットが6か月未満の場合が多いです。この時期がペットが社会性を築く上で一番重要な時期だからです。ペットがまだ小さいうちは飼い主もペットが可愛くて甘えさせてしまう傾向がありますが、厳しくしつけることも必要です。
ペットのしつけ教室では、基本的なしつけである「おすわり」「お手」「待て」等や、散歩の仕方等も教えてくれます。ペットのしつけ教室を開催している場所は全国にいろいろあるので、お近くの教室を探してみてください。ネットで検索してもよいし、口コミで探すのもよいです。しつけ教室に参加する条件として、ペットが予防接種を受けていることが必要な場合が多いです。