ペットホテルのサービス

ペットホテルを旅行などで利用する場合は、どのような環境なのか、またどのようなサービスを受けられるのかを知っておきましょう。
電話予約をして預けに行ってみたら、ひどい環境のホテルだったなんて、ペットがかわいそうですし、飼い主さんも安心して出発することができないでしょう。
最近のペットホテルでは、さまざまなサービスを行っていて、旅先で「ちゃんとおりこうにしてるかしら?」なんて思っていると、ペットの様子を写真に撮ってメールで送ってくれたりします。
元気そうな顔を見て安心できれば、その後の旅行の楽しさも倍増ですね。
また、夜寝るときに飼い主を思い出して不安になって寝れなくなるペットにはアロマサービスを。
留守番している間、ストレスがたまらないようにドッグランで運動までさせてくれるところもあります。犬たちが喜びそうですね。
ペットが寝るゲージは、ほとんどが一回り大きいサイズを用意してくれるようです。
なかには、ゲージではなく、広いお部屋を用意してくれるペットホテルもありますが、これはやはり料金も高めのようです。
預けたいと思ったホテルを見つけたら、必ず下見を兼ねて出向き、スタッフの説明を詳しく聞きましょう。
要望があればそれを伝えておくこともしておきましょう。そして可能であれば、ペットが過ごすスペースを見学させてもらうと良いでしょう。
大事なペットに、良心的で快適なペットホテルを見つけてあげてください。旅先から帰って迎えに行った時「帰りたくない!」なんて吠えられてしまうかかもしれません。

ペットホテルとは

ペットホテルとは、飼い主が旅行や急な用事、入院等の理由でペットを連れていけない場合、ペットを一時的に預かってもらうサービスです。
ペットホテルの利用料金は、ペットのサイズによって違い、大型になるほど高くなります。また、大型のペットは預かってくれないペットホテルもあります。ペットホテルによっては1万数千円以上のスウィートルームを提供しているところもありますが、通常はペットホテルの料金は1泊数千円程度です。
ペットホテルを利用する際は、できれば24時間スタッフがいるところを見つけましょう。夜間に鍵をかけて誰もいなくなるようなペットホテルはお勧めできません。
飼い主から離れるペットのストレスを少しでも軽減させようと、部屋の空間や空調、毎日の散歩、清潔面、衛生面などを気遣ってサービスするペットホテルもあります。
ペットホテルを利用する場合、室内で飼われていることを条件にされることが多いです。また予防接種をきちんと受けていることも条件としてあります。そして基本的なしつけが出来ていれば、ペットホテルで預かってくれます。

ペット同伴可の宿泊施設

ペット同伴可宿泊施設で、ペットと一緒にたまにはのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。ペットブームとなっている昨今、ペット同伴可宿泊施設は増加傾向にあります。
ペット同伴可宿泊施設はネットで検索して調べても、たくさんあります。ペット関連の雑誌でも、ペットと泊まれる宿泊施設が写真とともに掲載されていて、思わずどの宿にしようかと迷ってしまいそうです。一昔前では、ペットがいると旅行ができないこともありましたが、今はペットと一緒に旅行がしやすくなってきています。
ペット同伴可宿泊施設に宿泊する場合、ペットの大きさによっては宿側が受け入れないこともあります。犬の場合は特に、大型犬はお断りということもありますので、自分のペットが泊まれるかどうか事前に確認をしておきましょう。
ペット同伴可宿泊施設では、たいがいオーナーがペットを飼っていることが多いです。ペット同士、飼い主同士がお友達になる機会でもあります。旅行の楽しみの一つは新しい出会いがあることです。ペット同伴可宿泊施設を上手に利用してペットと一緒に楽しい旅の思い出をぜひ作ってください。