ペット保険

私達が病気になって病院へかかると、健康保険に加入していれば医療費は3割負担で済みますが、犬や猫などペットが動物病院にかかると、私達のように健康保険制度がないため、自費扱いとなり高額な医療費を支払わなくてはなりません。
もしかしたら、医療費が高額で負担が大きいとの理由から、病院に連れていけない方もいらっしゃるのではないかと思います。
これでは、ペットがかわいそうです。病気を放置した結果、大きな病気にかかり、取り返しのつかない状態になるのを避けるためにも、医療費の保証をしてくれるペット保険を知っておきましょう。
ペット保険に入るには、まず加入審査を受けなくてはいけません。
動物病院で診断書を書いてもらうケースもあれば、自己申告でいいところもあります。
ペット保険に加入すると、治療費や入院費など、医療費の保障が受けられます。
保険会社によっては、割引制度を適用しているところもあるので、よく調べてみると良いでしょう。ただし、避妊・去勢手術など適用されないものもあります。
うちの犬や猫は大丈夫と思っていても、いつどんな事故が起こるかわかりません。万が一、愛犬が他人を怪我させてしまった場合などの、賠償金も保証されます。
さらに、ペットとのお別れをした場合の死亡時給付金などが保障されます。
他にも、保険会社によって無料相談やペットホテルの紹介など、あらゆるサービスを提供しているところがあります。
加入条件や加入できるペットの種類など、保険会社で定めている規定はさまざまです。いろいろな保険会社の資料を請求して、しっかりと検討してから加入することをおすすめします。
保障を受けずに元気でいられるのが理想ですが、何かあった時に悩まなくてもいいように、お守り代わりに加入しておくと安心できると思います。

ペット保険の給付

ペットが病気になって病院にかかってもペット保険に加入すれば治療費の心配はないと思っているあなた。
それでは、どのようにして治療費を保障してもらえるかはご存知でしょうか。保険会社によって違いますが、2つの方法があります。
まず一つ目は、治療を受けた病院で会計時に支払う治療費が自己負担額だけでいい方法です。
あとで保険会社に申告手続きなどをとらなくても良いのでこれは便利ですね。しかし、どこの病院でもいいかというと、そうではありません。加入している保険会社と病院が提携していないといけません。
あらかじめ、ペットがかかりつけになっている病院が保険会社と提携しているかチェックしておく必要があるでしょう。
二つ目は、治療を受けた後、給付の申請書を保険会社へ提出する方法です。
この場合、面倒だと思われる方もいるでしょうが、病院で診断書と領収書を発行してもらい、申請書と一緒に提出しなくてはなりません。
この方法をとっている保険会社が現在ほとんどですし、どこの病院にかかっても保障が適用されるので安心です。
では、保障額はどれくらいなのかですが、ペット保険の保障には3つのタイプがあります。
●定率保障型
治療にたいして決められた保障率分を保障してくれます。
1回の治療費が高い場合は、お得になりますが、給付日数が短いなどの不安もあります。
●定額保障型
治療費がいくらかかっても、加入時の保障限度額のみ保障してくれます。年間給付日数が長いので、長期にわたり治療を要する場合は便利でしょう。
●差額保障型
一日あたりの保障限度額の範囲で掛かった費用を全額、保障してくれます。保障限度額内で治療が済めば、全額保障してくれるので、自己負担は0割です。
こうして見てもわかるように、人間の保険と同じくペットが入る保険にも、さまざまなタイプがあります。
あなたのペットにはどの保障タイプが良いかをしっかり検討してから、加入してください。

ペット保険とは

ペット保険への加入をどうすべきか、ペットを飼っている方なら一度は考えるのではないでしょうか。かけがえのない家族の一員であるペットも、人間と同じように高齢化して、長生きするペットも増えてきました。犬も13歳から14歳頃まで寿命が延びているそうです。飼い主はペットに寿命まで健康に生きてほしいものです。しかしいざ病気になると医療費が必要となります。そこで、「ペットの医療費は保険が利かないため高額である」という不満ならびにペットへの保険の適用を望む声が出てくるのも当然な話です。
ペットの高齢化が医療技術の進歩によって進む中、人間と同じようにガンや白内障、痴呆といった病気に罹るペットが増えています。中には病気治療が長引くペットのケースも増えていますので、そうなると医療費がどうしてもかさみます。ペット保険は、こうしたリスクを軽減するために誕生しました。
ペット保険に加入する場合、申し込み時のペットの年齢制限が設定されているものもあります。各ペット保険によって掛け金も異なります。治療費の保障は最大で50から70%ぐらいが目安ですが、病気や処置などの内容によっては保障対象外となることもあります。各社をじっくり比較検討して、かわいいペットに最適なペット保険をぜひ見つけてください。